悩んで頭を抱えてる男性
  • ホーム
  • 細菌性膣症は性病ではないが卵管に大きな影響を与える

細菌性膣症は性病ではないが卵管に大きな影響を与える

考えている眼鏡の男性

膣炎の中で、性病の原因であるトリコモナスや淋菌などの特定の微生物が検出されない症状を「非特異性膣炎」や「細菌性ちつ症」と呼ばれています。
細菌性ちつ症は、魚臭帯下と呼ばれ悪臭の強いオリモノが特徴であり、悪臭の為に性感染症と疑われてしまうケースが良くあります。
細菌性ちつ症は、デーデルライン乳酸桿菌の菌量の減少や乳酸桿菌の働きが低下し、女性の膣内の自浄作用が低下する事により、大腸菌やブドウ球菌、連鎖球菌などの好気性菌や嫌気性菌が異常に増殖している状態の事を指しています。
膣内で異常増殖した細菌や性病の原因菌などが、上行し子宮頸管を通過すると、子宮頸管や子宮内膜で炎症を引き起こし、更に上行すると卵管や骨盤腹膜などで炎症を引き起こすケースが多々あります。
卵管は、細菌に対して非常に抵抗力の弱い器官とされ、性感染症による卵管の癒着や炎症などが不妊の原因となっています。
妊婦の細菌性膣症は、絨毛膜羊膜炎や産褥子宮内膜炎などの発症リスクを高め、妊娠後期の細菌性膣症は早産による新生児の肺炎や髄膜炎、菌血症などを引き起こす恐れがあるとされています。
細菌性ちつ症は、何らかの理由により体力や免疫力が低下する事で発症し易くなり、不特定多数と性交渉を持つ事により性病のリスクが高まり、更に細菌性ちつ症の発症リスクも高まります。

又、膣内避妊器具(IUD)の使用で細菌性ちつ症になりやすくなるといわれています。
細菌性ちつ炎には、様々な細菌が存在する為に有効な治療方法が確立されていないのが現状です。
治療方法としては、最初に膣洗浄により増えた細菌を洗い流して症状を抑制し、膣錠や飲み薬を処方するのが一般的ですが、細菌性ちつ炎は再発する事が多く長期治療を要するケースもあります。
クロラムフェニコールやメトロダゾールなどの膣錠や内服薬が、治療に用いられています。