悩んで頭を抱えてる男性

保健所での性病検査とは

喧嘩中の男女

性病検査は、全国の保健所で実施されていますが、実施項目がそれぞれの保健所によって違います。
エイズはどこでも受けれますが、その他の性病検査は実施していない所もありますので、事前に確認が必要になります。
エイズ以外の性病検査は梅毒、クラミジア、淋病が多く、必ずエイズ検査と一緒に受ける事になります。
性病検査を受ける場合は匿名で受けれますが、結果は郵送できませんので面談になります。
そのため、全国のどの保健所でも検査は受けれますが、結果を聞くためにもう一度行く必要がありますので、その事も考えてどこで受けるかを決めるようにします。
検査代は無料で、必要があれば確定検査も無料で受けれます。

性病は性器のほか、喉などの粘膜にも感染する事がありますが、保健所の検査は採血と採尿になってしまいます。
そのため、咽喉検査が心配な場合は病院などの医療機関での検査をお勧めします。
感染して陽性反応が出るまでの期間は性病の種類によって違ってきますので、感染が疑われる行為から検査の実施日まで期間を置く必要があります。
症状が出ている場合は保険診療が可能ですので、医療機関にかかる方が早く治療する事が可能な事もあります。
保健所によって予約制になっていたり、実施日が決まっている事が多いので、事前に確認するようにして下さい。

性病は放置してしまうと、他の人に感染させてしまったり、不妊症や母子感染の危険性があります。
また、免疫力の低下で他の病気にも罹りやすくなったり、最悪の場合は命の危険にさらされてしまいます。
現在では10代の若い世代にも広がっています。
症状がある場合はもちろんですが、危険性を感じた時は匿名で受けれますので、迷わず検査を受けるようにしましょう。

サイト内検索
人気記事一覧